Fireworks CS6のダウンロード

2017/12/15

こないだ注文した新しいiMacが昨日やっと届いたので現在セッティング中。
なるべくクリーンなシステムを再構築したくて、TimeMachineからの環境移行を使わずにセッティングしてるんだけど、やっぱすごく時間と手間がかかって大変。

で、Adobe関連のアプリケーションをインストールしてたらひとつ問題が発生。
Creative Cloudの管理ツールからCS6シリーズもダウンロードできるはずなのにどう探しても「Fireworks CS6」がない。
Adobeサイト内の「デスクトップアプリ」ページを見ても「Fireworks CS6」がない。

あれこれ探してみたら結局以下のページからじゃないとダウンロードできないことが判明した。

Creative Suite 6 および CS6 アプリケーションのダウンロード

いまとなってはほとんど使うことがない上に、サポートは終了しているアプリケーションだけどさ、かつては業界のスタンダードだったんだし、一応「CS6」なんだから普通にダウンロードできるようにしておいて欲しいなあ。

ま、El Capitan以降のMacで「Fireworks CS6」を動かすのにまた一苦労あるんだけどさ。

参考:【Mac】OS X 10.11 El CapitanでFireworks CS6が開けなくなった場合の対処方法

追記:
macOS High Sierraだと「Fireworks CS6」のインストーラが起動しない。
どうにかできないか調査中。

さらに追記:
その後も「Fireworks CS6」のインストーラは起動しませんでしたが、iSchoolさんの記事「macOS High Sierra でAdobe CSシリーズを起動する方法」を参考にした結果、手元のCS5.5のインストールディスクから「Fireworks CS5.1」をインストールできました。

参考までに手順を簡単に書いておきます。

  1. リカバリモードで起動
    Command(⌘) + R (もしくは Command(⌘) + Option(⌥) + R)を押しながら起動。
  2. Rootlessを一時的に無効化/strong>
    画面上のメニュー(ユーティリティ > ターミナル)からターミナルを起動し、以下のコマンドを入力。

  3. 再起動
  4. Java 6の2つのディレクトリを作成
    ターミナルを開き(アプリケーション > ユーティリティ > ターミナル)、以下のコマンドを入力。
  5. 再度リカバリモードで起動
    Command(⌘) + R (もしくは Command(⌘) + Option(⌥) + R)を押しながら起動。
  6. Rootlessを一時的に有効化/strong>
    画面上のメニュー(ユーティリティ > ターミナル)からターミナルを起動し、以下のコマンドを入力。

これで古いバージョンのCSシリーズが動くようになります。
でもダウンロードした「Fireworks CS6」のインストーラは起動しませんでしたが……。

ところで移行に苦労しているとはいえ、新しいiMac 5K 2017はすごく快適。

-Adobe CC, Mac, ウェブ制作
-, ,