【Fireタブレット】Google Playを簡単にインストールする方法(root取得不要)

僕が持っているFire HDシリーズや2015年に発売されたFire タブレットなどで、rootを取得することなく簡単にGoogle Playをインストールする方法です。

必要なもの

Fireタブレットは当然として、他には以下の4つのAPKファイルが必要です。

  1. Google Account Manager_4.0.3-239410.apk
  2. Google Play services_4.4.52 (1174655-036).apk
  3. Google Services Framework 4.0.4-338691.apk
  4. Google Play Store_4.6.17.apk

それとAPKファイルをインストールするためにES File Explorerというアプリが必要となります。
持ってない人はあらかじめインストールしておきましょう。

インストールの手順

こちらから上に書いた4つのファイルをダウンロードしてください。
FireタブレットのSilkブラウザからダウンロードしても、PCからダウンロードしてDropboxなどでFireタブレットに転送しても、どちらでも良いです。

Silkブラウザからダウンロードする場合は「この種類のファイルはお使いの端末に悪影響を与える可能性があります。Google Account Manager_4.0.3-239410.apkを保存しますか?」のようなダイアログが出ますが、かまわず「OK」を押してください。

ダウンロードが終わったらES File Explorerを使ってAPKファイルのインストールを行います。

Silkブラウザからファイルをダウンロードした場合はES File Explorerを開き、「ローカル / sdcard / Download」と進みます。
DropboxなどでAPKファイルを転送した場合は適時ファイルの場所へ進んでください。

あとは以下の順番でAPKファイルをインストールしていきます。

  1. Google Account Manager_4.0.3-239410.apk
  2. Google Play services_4.4.52 (1174655-036).apk
  3. Google Services Framework 4.0.4-338691.apk
  4. Google Play Store_4.6.17.apk

この際、「インストールは制限されています」と表示が出た場合は「設定」から「不明ソースからのアプリ」のインストールを「許可」してください。
4つのAPKファイルのインストールが完了したら、「Google Play Store」を開き、アカウントの設定などを完了すると、他の一般的なAndroid機と同様にGoogle Playが使用可能になっているはずです。

Google Playからインストールするアプリによっては、「このアプリの実行には、Google Play開発者サービスの更新が必要です」などの表示が出る場合があります。その際は「更新」を押して進み、「Google Play開発者サービス」を更新して下さい。

この技を使えばかなりコストパフォーマンスの高いタブレットとして、Fireタブレットシリーズが活用できますね。
手順は簡単なのでやらない手はないですよ。

-Fire HD 6
-, , , , ,