【Mac】Creative Cloudのアップデート後にCPUの使用率が高くなる問題の新たな回避方法

2015/12/14

※2015年12月14日追記:問題を修正するHot Fixがリリースされています。こちらの記事をどうぞ。

先日「【Mac】Creative Cloudのアップデート後にCPUの使用率が高くなる場合の対処方法」という記事を書きましたが、その後アドビサポートから新たな回避方法が紹介されていますね。

Creative Cloud デスクトップアプリケーションをアンインストールする以外の対処といたしまして、
Creative Cloudデスクトップアプリケーションからではなく、ご利用の各製品を起動後、
ヘルプメニューからアップデートを行っていただくことで問題を回避することが可能です。

根本的な問題解決に向けては継続対応中となりますが、上記方法での問題回避も
ご検討くださいますと幸いです。
(クラウドでの同期やTypekit等のサービスに支障が出る点はにつきましては、
誠に恐れ入りますが同様となります)

ということで「各製品を起動後、ヘルプメニューからアップデートを行う」ことで回避できるようです。
「そんな方法で回避できるのかよ!」と思わないでもないですが、Creative Cloud デスクトップアプリケーションをアンインストールするよりはずいぶんマシな回避方法だとは思います。
早くアップデータが提供されることを願ってやみません。

-Adobe CC, Mac
-,