【Mac】Mac OS X Yosemite 10.10.4にアップデートしようとするとエラーが起きる場合の対処方法

2015/09/02

Apple USのサポートコミュニティでMac OS X Yosemite 10.10.4にアップデートしようとしたらエラーが起きる不具合がいくつか報告されていますね。
基本的な対処方法と、一部のMacでMac App Storeからのアップデートに失敗する場合の対処方法を紹介します。

対処方法その1
ディスクとアクセス権の修復

アップデートの前にHDDのRecovery領域から起動し、ディスクユーティリティの「ディスクを修復」と「ディスクのアクセス権を修復」を実行し、その後に再起動、アップデートするとすんなりいく場合があります。
これ結構基本の技なので毎回アップデート前は忘れずに行うようにした方がいいと思います。

Recovery領域から起動する方法は以下の通り。

  1. Macの電源を落とした状態にします。
  2. 電源ボタンを押し起動音が聞こえたらすぐに「command」「R」各キーを押しっぱなしにします。
  3. アップルマークが表示され起動プロセスが始まったら各キーを離します。

この後ディスクユーティリティを利用して修復をします。
それでも上手くいかない場合は次の方法で。

対処方法その2
「OS X Yosemite 10.10.4 Combo Update」でアップデート

最初にも書きましたが一部のMacではディスクとアクセス権の修復をしてもMac App Storeからのアップデートに失敗するようです。
その場合はアップルが公開している「OS X Yosemite 10.10.4 Combo Update」を使用することでアップデートに成功するようです。

https://support.apple.com/kb/DL1820?locale=ja_JP

いまのところ上に挙げたふたつの方法で解決出来るようなので試してみてください。

-Mac
-, ,